蝶豆花茶

リフレッシュしたい時に「蝶豆花茶」

蝶豆(バタフライピー)は、美しい青い色の花をつける東南アジア原産のマメ科の植物です。原産地のタイでは「アンチャン」と呼ばれお菓子などの染料やハーブティーなどに利用されています。

青い花弁の濃厚な青い色素は、美容と健康に役立つ成分のポリフェーノルの一種の「テルナチン」というアントシアニンです。豊富なアントシアニンによる抗酸化作用が美容や健康に効果が高いとして注目されハーブティーとしてだけでなく、様々なスキンケア商品も開発されています。インド伝統医学アーユルヴェーダでも古くから用いられてきたハーブの一種です。

この健康効果が高いバタフライピー自体はほぼ無味なので、レモン風味の爽やかなレモングラスと清涼感があり爽やかなペパーミントを独自の配合でブレンドし、スッキリ爽やかなハーブティーに仕上げました。ノンカフェインなのでカフェインが気になる方も安心してお飲み頂けます。また、蝶豆花茶にレモンやシークヮーサー果汁などの酸性成分を加えるとアントシアニン色素が酸と反応して青色から紫色へと変わり色の変化も楽しめます。